宅地建物取引士と不動産

自分が出来る事を出来る限り社会の為に尽力し、子供や孫の世代まで、今よりもっといい日本を残したいと思っています。 仕事は宅地建物取引士と危険物取扱主任者です。

日本経済新聞「中古住宅購入 注意点」

こんにちは!

人生の中で大きな買い物と言えば、衣食住の住の部分にあたる『住宅』購入ですね。

近年、不動産価格の高騰により、新築住宅に手が届きづらくなって来ているのが現状で、比較的状態の良い中古住宅の購入をご検討される事も多いのではないでしょうか。

その際の参考にして頂きたい記事が、日本経済新聞に掲載されておりましたので、ご紹介します。リンクを開けば日経新聞のホームページにも届きますので、ご活用ください。

f:id:ohira-ptc:20200111094300j:image

中古住宅購入 注意点は: 日本経済新聞

この記事のポイントとしては、

1、売主が個人である中古住宅には消費税がかからない。(仲介業者が間に入っても同様)売主が不動産業者の場合は建物部分に課税される。

2、売主が個人である中古住宅の購入の際は、住宅ローン減税の優遇措置が満額受けられない。(不動産業者が売主の場合はこれと異なります。)注:条件等があります。

3、売主が個人である場合は、瑕疵(欠陥)があった場合の保証がケースバイケースになる。

の3点です。

中古住宅の場合は、新築より価格が安いという事が1番のメリットでありますので、消費税も含めて価格にどうしても目がいきがちですが、住んでから、雨漏りなどの修繕が必要な場合もございますので、商品として価格相応の価値があるかを見極めたいところです。

現在では、購入前に建物状況調査(インスペクション)の活用も出来ますので、中古住宅購入の際は失敗する前にインスペクションを利用される事をおすすめ致します。

 

簡単に説明して参りましたが、私、個人の意見としては、住宅購入はやはり人生の大きな買い物となりますので、今後、中古住宅の購入をご検討される場合は、信頼のおける宅地建物取引士にまずはご相談される事をお勧め致します。

皆さまの人生の中での大きなお買い物のお役に立てれば幸いです。

 

消費税や住宅ローン減税の条件などは、税理士の先生にご相談ください。また信頼のおける宅地建物取引士にご相談頂ければ、ご紹介させて頂く事が可能です。ぜひご利用ください。